日常生活に欠かせない給湯器を交換するには

故障時の解決方法

メンズ

故障した時にすること

給湯器が故障した時はまず管理会社や施工した工務店などに連絡すると、メーカーの修理担当者やその下請けの方が修理に来ます。長年使用している給湯器になると部品がないこともあります。メーカーでは10年は部品を持つことになっていますが、それを超えると部品があるとは限らないからです。必要な部品が無い場合は修理は出来ないので交換ということになってしまいます。修理にはどの位の金額がかかるのかわからなので前もって交換になった時の費用を調べておくと修理代金と比較できて良いと思います。また、リモコンだけが壊れてしまった場合はリモコンだけを変えてもらえるかはその機種がまだ販売されていれば可能ですが、生産中止の場合は本体も交換になります。

直すのと交換はどちらが得

給湯器を修理するのと交換ではどちらが得なのかは給湯器の寿命と大きく関わりがあります。寿命は大体10年と言われていますがこれを越えている場合の判断は少し難しく、長い年月を使っているので今修理してもまた違う場所が劣化して更なる修理となることもあるからです。修理の代金が安ければ修理でも良いかもしれませんが、10年を大幅に超えるようなら交換のほうが良いでしょう。どうしようか迷う場合は症状を見て寿命のサインがあれば交換をお勧めします。寿命のサインはいくつかあるので紹介します。お湯の温度や量が一定でなくなった・給湯時の音が大きくなった、着火時に大きな音がする・エラーが始終出る・排気から黒い煙が出るなどです。